46 文政2(1819)年3月・中村座 辻番付 「助六曲輪菊(初演)」
  3世尾上菊五郎による清元の「助六」の初演
  裏打・少虫食 305×418
  20,000円
45 天保15(1844)年7月・中村座 辻番付 「昔尾岩怪談」
  「四谷怪談」を初演した3世尾上菊五郎の最後のお岩様
  裏打 308×425
  20,000円
44 嘉永3(1850)年3月・河原崎座 辻番付「難有御江戸景清」
   5世市川海老蔵江戸追放御赦免により初下りの時のもの
  左上部墨跡あり 310×425
  20,000円
     
49 「菊細工生人形大道具大仕掛せり出シ廻り舞台」  だんご坂種半 人形師大柴徳次郎
   旅順二百三高地、大海戦、児雷也、道成寺、勧進帳、五段目、打入、奥庭
   明治38年
  約390×545  折れ   35,000円
48 8世市川団十郎死絵 嘉永7(1854)年
  死後の世界へ下って来た新加入を紹介する
   「口上」仕立
 約350×245  20,000円
47 嘉永3(1850)年3月・河原崎座辻番付 「杜若手向の花川戸」
 
 上部少余白カケ 298×400
  15,000円
   
52 東宝映画監督芳名帖(東宝プロデューサー藤本真澄宛)
   稲垣浩、市川崑、岡本喜八、谷口千吉、本多猪四郎、筧正典、福田純、杉江敏男
   丸山誠治、千葉泰樹、森谷司郎、松林宗惠(幹事)  昭和50年
   約240×185 保存極美 外袋あり
  100,000円
51 雑誌「作劇」 小澤栄太郎所蔵(同人記名多数あり)
   世界文学社
 創刊号より20号まで揃
   25,000円
50 長谷川伸草稿「ある芝居書き語る」
  自作「刺青奇偶」について
   20×20字 18枚完 
 75,000円
 
54 回覧雑誌「世界之寶」ほか 37冊
   すべて手書きによる小型の雑誌で、「世界之寶」は、創刊号より27冊あり、(編集者)原田幸三郎、(発行者)山口利三郎、(印刷者)梅原忠治郎の名前がある
   1年目の7号では、それまでの墨一色ではなく、表紙に彩色と軍人の写真を切貼りしたり、段々と凝ったつくりになっていく
   3年目の4号に「千穐楽」という表記があるので、もしかすると、この号までだったのかもしれない。
   第1年は、1号〜3号、8〜11号 の 7冊、 第2年は、1号〜7号、9号、10号、13号、17〜22号 の 16冊、 第3年は、1号〜4号 の 4冊
   この他に、この雑誌の前身らしき『幼年之友』も同様な感じで2冊あり(第20号、21号)  共に発行は明治28年
   また、同様に全て手書きによる小説も7冊あり
   85,000円
53 「木曜手帖」
  創刊号〜24号まで揃
  サトウハチロー草稿1枚の
ほか
   投稿者の原稿多数含む
 
30,000円