和紙


1999年9月分

注意 : ここは「お店」とは全く関係ありません。
ここに書かれている内容に関しては責任をとりませんのでご了承ください。



9月30日(木)
  毎週神保町にある古本市場へ行かない時は、銀座界隈で昼食をします(午後1時からうろうろするので、どこへ行ってもすいてます)。
  一年以上も通っている洋食屋さんが、銀座1丁目にありました。    ”ありました”っていう意味は、今日でそのお店が終わってしまうからです。   でも経営不振による閉店ではなく、そのお店が入っているビルを立てなおすための一時的な閉鎖なのですが、ランチタイム時にフロア−で働いている人(50歳の男性と20代半ばの女性の2人)は、もう戻って来ないのだそうです。
  その男性は、すぐ十年来の友人みたいになれる程気さくな方で、同じお客様相手の商売として見習うべきものが多くありました。   それ故に残念でなりません。
  それにしても、「別れ」って嫌なものですね。  妙なこだわりなのかもしれませんが、電話でも人に会っている時でも、別れる時には「さよなら」って言葉を使いません。  何かとっても寂しい気持ちになるんです。   どうしてだか自分でもわからないんですけど、とにかく「じゃあね」とか「では」とか「バイバイ」とかいう言葉を使ってます。
9月29日(水)
  「掲示板」にて異様な盛り上がりをみせているYMОからみのの話の中に「一風堂」が出てきましたので、ちょっと思い出話をば。
  高校の時でした。  その「一風堂」の土屋昌巳さんのソロアルバムが春すぎだったかリリースされました(『RICE MUSIC』っていいました)。  私は気に入って、「よし、今年の文化祭はこれにしよう!」と、当時ブラスバンド部だったので、何人かに話をしたところ、誰も知りませんし、クラスの知り合いに聞いても誰も知りません。
  そうなんです。  『すみれ September Love』がヒットするのはその年の秋でしたから・・・。
  しょうがないんで、一人で全部やろうっと音楽室でドラムの録音から始めました(こ〜ゆ〜時、ブラバンっやっててよかったと思いました)。   ドラム・キーボード・ギターのどれかのパートを録音しないで、そこを当日生演奏するって「超無謀」な試みにチャレンジしました(ベースを弾いてくれるは見つけましたが、彼は譜面どおりにやるだけで、やっぱり知りませんでした)。
   しかし2曲ほど録ったところで力尽きて、結局友達の「松山千春」でドラムをたたきました。    その時のビデオが残ってますが、アホな私は、一人で化粧をしてやってました。   だってテクノ君の間では「ステージでは化粧不可欠!」でしたので・・・・。
   若いっていいですね・・・・。
9月28日(火)
  元ТBSアナウンサーの松宮さんが自殺したそうです。
  詳しいことはワイドショーなどを観なければわかりませんが、『ザ・ベストテン』をずっと観てきたものにとっては、ちょっと残念でなりません。
  半年位前でしたか、交通事故を起こしたとマスコミにたたかれてましたが、そういったことも原因のひとつなのでしょうか。
  衝動にせよ計画にせよ、自殺する当人にしかわからないって言ってしまえばそれまででしょうけれど、そこにどれだけのものがあるのか判りませんが、私には「卑怯」としか思えません。
  ある人が言ってましたが「人生に必要なものは、少しのお金と、そして勇気」
この「勇気」って言葉は色々と解釈ができましょうが、そんなに大それたことを意味せずともよいのではと考えます。   好きな人に告白することでもいいし・・・。
昨今「聞くは一時の恥じ、聞かぬは・・・」という言葉は死語になっている気がします。  「聞くは一生の恥じ」なんでしょう。  しくじりを恐れる、いつも「最悪をケース」を青写真化してしまうが故に、そうなりたくないから止めてしまう。  これは毎日の生活をあらゆる意味で「現状維持」することに精一杯な現代社会においては、必要不可欠な要素なのかもしれません。   だからこそちょっとした「勇気」を持ちましょうってことです。
9月27日(月)
  お昼のため銀座通りを歩いていると三遊亭夢之助さんとすれ違いました。  あまりそ〜ゆ〜場合でも動揺しないのですが、かつて一度だけドキドキしたことがあります。
  それは先日亡くなられた市川右太衛門さんで、学生の頃、映画関係のアルバイトをしてた頃、そこの社長が亡くなりまして、その告別式でした。
  当日、私は音響係と手の空いたときは芸能関係者の案内係をしてました。  テレビで売れている顔がチラホラありましたが、特に何とも思ってませんでした。  そこへ天下の旗本退屈男が現れたのでした。  長い廊下を別の案内係に誘導されたのを見て、ホントに後光が射してました。   正に「お殿様」ってかんじでした。   決して大きい方ではないんですけど(背も態度も)、不思議ですね。

9月26日(日)
  淡谷のり子さんが亡くなりました。  笠置シヅ子さんが「ブギの女王」と言われるように、彼女も戦前から「ブルースの女王」と言われてきました。   その名前の契機はもちろん『別れのブルース』ですが、作曲者服部良一氏に出会う前は、アップテンポのジャズな流行歌などを歌ってました。   本邦初の本格的トーキー映画『マダムと女房(昭和6年・松竹蒲田)』の主題歌『スピード・ホイ』などは、能天気でイイです。
  服部良一氏と『別れのブルース』を発表する前でも『おしゃれ娘』っていう軽快なジャズを発表してます。   この2曲は是非留めてもらいたいですね。  これは古川ロッパ主演の『  (調べます)    』に歌っている姿が出てますので(いわゆるプロモ)、見たい方はそちらを。   但し、ず〜っと引いた絵作りになってます。  他の人(ディック・ミネ氏・渡辺はま子さんなど)は、ちゃんとアップが多くあるのに・・・・。 
  ジャンジャンでのライブに行っておけばって悔やまれます。  でも個人的には『雨のブルース』の方が好きです。 

9月24日(金)
  またも、知人がバイトしているところの主人の話。
  その昔、「ながら族」っていう言葉があったように、「テレビを見ながら、何かをする」なんていうことが、「出来ない」のではなく、「許せない」らしいのです。  でも、これは、昔の人ならある話だと思うのです。
  と言えば、知人も「そうでしょう。 その件で、よく奥さんとケンカしてるよ。 でも、見終わったテレビや、冬の場合ならコタツなどのコンセントを、いちいち抜いていないと気がすまないから、そのままにしておくと、一人で怒鳴ってるんだよ」と。
  「それも、聞いたことがある話じゃない。  やっぱり、コンセントが入っているっていうだけで、無駄な電気が、無駄な電気がって考えちゃうてことじゃないの。  東電のCMだと”おりこうさん”に当るじゃん」
  「でも、理由がつけっぱなしにしてると火事になるからだって。  ”火事になる危険性”じゃなく”必ず火事になる”って思い込んでるところがね」
  「だけど、電化製品の進化とともに生活してきた人達って、そういうの意外と多いんじゃないの」
  「片田舎(蔑視ではありません)のお年寄りならわからないでもないけど、ず〜っと都会で生活してるんだし、自分は”東京の人間だ”っていうのを誇りにしてるところがあるんだから(彼曰く、その主人の地方蔑視は、スゴイものがあるそうです)」
  「じゃぁ、生活の感覚がある年代で止まってるんじゃないの?  例えば”東京オリンピック”までとかさぁ」
  「ん〜、正直それはあるかもしれない」と言ってから、ちょっと間があって、
  「やっぱり、そうだよ。  感覚が止まってる。  だって、この間、その主人に怒鳴られてさ。  一瞬”何で?”って思ったけど、絶対そうだよ」
  私は何の事だかわかりませんでしたが、その後を聞いて頷けました。  それは以下の様なのです。  う〜む・・・。
  「主人はが、あ〜ゆう性格だから、私が奥の部屋でお昼を食べてた後には、必ず部屋の電気を消してたんだけど、この間、虫が好かないことがあったのか、朝から機嫌が悪かったんで、お昼を食べ終わった後に、  ”いつも、電気をマメに消してもらってるけど、付けたり消したりすると、蛍光灯に負担がかかって、がかえって消耗するので止めなさい。  それにスイッチも使いすぎると壊れるから”だって。  もう”??????????”大疑問でしょ!」
  「何それ?  だって、バイト始めた時からそうやってたんでしょ?」
  「そう、だって、はじめはそういう性格だって知らなかったけど、とりあえず人ん家だから消すじゃん。  そのうち、奥さんから、私のマメ電気を消すことを見習うように言われたって聞いてたからね」
  「まさに大疑問だね」
  「でしょ。 だから初めはムカついたけど、よく考えたら、たまたま憂さ晴らしの的になっちゃったわけで・・・」
  「エライね〜、私には出来ないよ。  ホントに」
  「そこでね、生活の感覚が云々に戻るけど、その”スイッチを使いすぎるととか、蛍光灯の話にしても、私らにはハナっから無い感覚でだと思わない?」
  「子供がイタズラするのと違うしね。  それにしても”蛍光灯に負担がかかるって感覚はスゴイよね。  言いかえれば、消耗品を消耗品として見ないってことでしょ。   ものの無い時代に生きてきた人ならではだねぇ」
  「それが現在進行形ってことがスゴイと同時に”?”なんだけどね」

[教 訓] いやぁ〜、知人が言う通りスゴイ話ですね〜。  この話から学ぶべきことは、”モノを大切にしよう!”でも”現代人は何を忘れたか?”ではありません。
      ”気分で動くな!クソジジイ!”ってトコでしょうか。   あらあらかしこ・・・。

9月23日(木)
  知り合いのアルバイト先での話。
  そこは個人経営の店なので、バイク通勤が条件だそうです(要は交通費が出ない)が、雨が降ると大変だそうです。
  何が大変って、そこの主人が交通費を出すことに、物凄い抵抗があるらしいのです。その人は電車でも三個くらいの近場に住んでいるので、交通費っていっても最低料金なんですが、その人曰く”目先の「一円」に対する執着は尋常じゃない”のだそうです。
  かと言って、いわゆる「ケチ」かって言うとそうでもないらしく、自転車やバイクで運べるものを、業者を使って運ばせたりして、毎月の請求が何万になっても平気だそうです。
  そういった「どんぶり勘定」的無駄な経費は湯水の如く使うにもかかわらず、目の前にチラつく「一円」に出費に一日イライラしてるんだそうです。
  本題に戻して・・・そんな経営者ですから、雨が降って電車で来ようものなら、毎回「今日は歩いて来たの?」と聞かれます。  「電車で来たの?」ではないところがミソだそうで、自分はお店と住居が別で、電車やバスから離れたちょっと不便なところから自転車でかよっているので、雨が降っても歩きしか手段が無いとの事。  地球が滅んでもタクシーなんかには乗らないから(それは、頷ける)、その自分が中心の発言なんだと分析してます。  歩いて来なければ許すまじっていうのが、顔に書いてあるんだそうです(いるいる、そ〜ゆ〜奴。 嫌ですね〜)。
  そればけでなく、朝、電車で来たことを知ってるのに、帰る時も「今日は、歩きだったね。 帰りも歩きなんでしょ」と来るそうです。
また、途中で大雨になって、バイクで帰れなくなった時は、「雨だから歩いて帰るの? どうするの?」と尋ねられるそうです。
それでも小雨で無理すれば帰ることができる時は(その人曰く”満面の笑みを浮かべて!”)、「オートバイで帰るのですか、そうですか」って、この時ばかりは丁寧な言葉遣いになって言うそうです。
  こういった言葉が、必ず、それも毎回同じ言い方でくるのだそうです。  その人も、初めはカチンときてたそうですが、だんだん「あきれていって」、今では「不思議に思う」ようになったそうです。
  肝心なことを忘れてました。  その人は既に一年以上そこで働いていますが、かなり初期のころから、交通費は自腹で、そのことをご主人に話したそうなのですが、今でも、そのパターンは繰り返されているそうです。
9月22日(水)
  YMОのベスト版が出ました。  メンバーの細野晴臣氏が責任編集とリマスタリングしたものですが、これがメチャ音がええんですよ!  今まで小さい音として処理をしていた部分を少し持ち上げてたりして、何気なく流していると、「ん?」「あれ?」って引っかかるところがあったりして、とっても新鮮でした。
  何よりも音がクリアでビックリしました。  これじゃ、昔のCDを聞くのが嫌になっちまいます。
  ってんで、以前のコアなファン時代なら、LPのジャケットが違うだけで買ったりしてたけど(いわゆるジャケ買い)、今回の裏ジャケットはイマイチだし、それに今さらそんなことしてもねぇ・・・・。
 と思っていたけど、や〜、音にはかなわないです。  やっぱり買っちゃいました。  それも4枚。  ライブ版や企画物のは止めたけど、う〜ん、自分の性格からすると、そのうち買うんだろうな〜。
9月21日(火)
 テンプターズ(註1)のCDが復刻されていたのを知らず、ようやく買いました。二枚目のアルバム『5−1=0(註2)』というものです。
デジタル・リマスタリングちゅーのはスゴイですね。 今まで聞いたものと雲泥の差。 兎に角、音がキレイです。  なんで、ショーケンのボーカルの下手さが、際立ってしまいました。
 私なんぞ、GS全盛に生まれ、物心附かぬ内から聞いていた(らしい)ので、これでも知ってる方ですが、それにしてもやっぱりヒット曲(古臭い言い方....)しか知りません。アルバムなんぞ、実物を見たこともありません。 ですから、怖いもの見たさ(聞きたさ)でしたが、やっぱり、アルバムにしか収まりをしらぬ運命の曲ってスゴイものがあります。
っていうのも、タイガースもそうですが、テンプターズのヒット曲もご多分に漏れず、プロの作曲だったんです。  ニューミュージック以降に音楽に目覚め、80年代のバンド・ブームに浸かった者にとっては、自分たちで作詞・作曲をするのは当たり前って感覚がありますので、てっきりそうだとばかり思ってました。  そうですよね、GSっていっても、要は「歌謡曲(これまた古臭い言い方)」なんだってことですよね。
 って訳けで、話を戻しますが、シングル4曲を含めた全13曲(内、何と2分台の曲が9曲)の中に、2曲「何じゃコリャ」っていう歌詞がありましたので、無断で転記します。


                   ベビー・チュチュ  作詞:松田由治(註3)               きどったあの娘  作詞:松田由治

                   ウォウォウォラツァツァ ベビー・チュチュ                きどったあの娘が  表を通るぜ
                   ウォウォウォラツァツァ ベビー・チュチュ                そしらぬ顔して  しゃなりしゃなりと
                                                           昔あの娘は   俺の彼女さ  
                   わがままな君が好きになったのさ                    今じゃちっとも 気にしちゃいないぜ
                   ウォウォウォラツァツァ ベビー・チュチュ
                   ウォウォウォラツァツァ ベビー・チュチュ                だけど目を見ると  いやな気もするさ
                                                           好きだったのさ  ひどいやつだぜ
                   かわいい君をぼくのものだけに
                   ウォウォウォラツァツァ ベビー・チュチュ                あいつの彼氏は  キザなやつだぜ
                   ウォウォウォラツァツァ ベビー・チュチュ・・・・・            冷たいあの娘にゃ  似合いの男さ

註1 : 昭和40年前半から半ばにかけて一世を風靡したGS(グループサウンズ)のひとつ、ショーケンこと萩原健一がリードボーカの五人組で、『神様お願い!』『エメラルドの伝説』        『純愛』などのヒット曲をもつ、沢田研二のいたタイガースと人気を分け合った。 ちなみにローリングストーンズが好きだそうで、アマチュア時代には「埼玉のストーンズ」と言われていたそうです。 ふふふ....。
註2 : メンバーが五人なので、その五人が揃ってこそテンプターズで、一人でも欠けたら「無いも同じ=ゼロ」という意味が込めれているそうな。  何それ!?
註3 : この人はリーダーで、この人もボーカルをやっていたみたいです。 この人の作詞・作曲はヒット曲以外ほとんど全部みたいです。ショーケンが歌っていると思っていた曲で、この人のだったってのがありました。ボー歌いのはずのショーケンが時折感情込み込みで歌い上げるなんてって思ってたら、この人だったです。
9月20日(月)
  久しぶりに近所のお風呂屋さんにあるサウナに行った。 ちょっと出足が遅れたので一時間くらいしか居れなかった。  水風呂が温かったので、あまり疲れがとれなかった。  その温度差がいいのに、残念。
  帰ってきてCSでやっている『東京河童まつり』っていう昭和26年の喜劇を観る。
バタやんこと田端義夫主演のもので、他に川田晴久、金語楼、ロッパ、キドシンなどが出ていたけれど、まだチョイ役の伴淳三郎が奇声を発してブレイク寸前状態(事実)だった。
  何が「河童」なのかが、まったくわからない、その頃流行の「母もの」的な人情喜劇だった。  ん〜、この話題についていける人がいるだろうか?
  最近、映画ネタが多くなってきた・・・・。
9月19日(日)
  って、昨日の分を入力していたら、70歳くらいのおじいちゃんが、松屋の紙袋を両手にもって入店して来たので、「いっぱい買い物したんですね」って聞くと、
「いえね、これ全部頼まれもんでね。  ”ますらを派出夫会”だよ、まったく」だって。 いやぁ、やっぱり年季が違いますね。
  そこで、私が「昔、エノケンや金語楼などの喜劇人総出演映画を観ましたよ」って話を合わせようとしたら、「え? そんな映画あったっけ?」ときました。   いやぁ〜、また調子に乗り過ぎてしくじってしまった・・・・。
 でも『ますらを派出夫会』の原作漫画を見ている事や、映画も高校の時に、オールナイトで観たってことは言いませんでした・・・・。
9月18日(土)
  江戸東京博物館のことを「江戸博」って略すみたいですが、私なんかからすると、何だか期間限定の博覧会っていう意味の「博」ってかんじがして、何だか変な感じがします。
  知り合いの話ですが、手帳に「江戸博」って書いてあるのを見た友人に、「”えどひろし”って誰?」と聞かれたそうです。
  「それじゃ、演歌歌手だよ」
  何か『欽ドン』みたいなネタになってしまった。  『欽ドン』ってのも古いねぇ〜。
9月17日(金)
  市川右太衛門さんが亡くなられました。  ご冥福をお祈りいたします。
週末は、ビデオで『旗本退屈男』を観ようと思います。  それとも、マツダ映画社で出している『市川右太衛門乱闘集』の方にしようかな。
  あ、その前に昨日途中まで観ていた『良人の貞操』の続きを観ないと・・・・。
     (註)高田稔と入江たか子主演のメロドラマ、昭和13年だったかな?
9月15日(水)
 最近の「顔グロ」には、ちょっとついて行けませんが(って当の「顔グロ」さんたちには「ついてこられても・・・」ってゆ〜んだろうけど)、今日は今までの中で最高の人に出会いました。   いやぁ〜、おじさん的に、超ビックリってかんじ〜っ。
 『楽屋の顔』って本がありますが、その表紙に勘三郎丈が「雪だるま」の化粧をしている写真がありますが、その白黒反転したと思ってくださいな。
 それが、わからないなら、昔『オレたちひょうきん族』って番組にあった、「アダモちゃん」ですね。  そうそう、そっちの方がクリソツ、クリソツ。  いいもの拝見させて戴きました。
 なお、先程も書きましたが、『楽屋の顔』の表紙の勘三郎丈は「雪だるま」です。  「オバQ」ではありませんので、お間違いなく願います。 
9月14日(火)
 地下鉄で不思議な中年女性に会いました。 若い人は知らないかもしれないが、『ムー一族』で、樹木きりん(漢字忘れた)さんの居酒屋の飲み友達という設定のひとりにそっくりな髪型(要は、アニ―みたいなかんじ)で、七人掛けの端に座っていて、一生懸命に櫛をとかしてました。  というよりも、必死に櫛と格闘してました。  私は中々大変だなって思っただけで、彼女に背を向けて立ってました。
 次の駅になって、ふと彼女を方に目を向けると、今度は、タオルを広げて爪を切ってました。  何もこんな所でって思ったけれど、色んな人が居るもんだって思っただけで、また背を向けました。
  次の駅になる前に、音がするので彼女を方に見ると、何と今度は、せんべいを食べてるじゃありませんか。
  私は次ぎの駅で降りなければならなかったで、この先どんな展開があるのか残念でたまりませんでした。 
9月13日(月)
 いやぁ〜、昨日のスタジオは足が痛かった。  キック(大太鼓みたいなやつ)のスタンドが新しくなってたので、跳ね返ってスネに当って痛いのなんの。
 しかし、めげずに約二時間、フュージョン系や70年代ロックなど、まぁまぁ気分よく叩けました。
9月12日(日)
 金曜日の市場で大量に歌舞伎のものを買ったので、今日はその修理と値札つけで、テンテコマイでした。  この後、二時間スタジオでドラムたたきなので、気力が残ってればよいが・・・。
9月9日(木)
 今日は1999年9月9日、朝、NHKで、勘九郎さんが、”9時9分9秒”っていうってことで、999枚のサイン入り色紙を配ったそうです。   夜は、赤穂に行って”午後9時9分9秒”で、同じく999枚のサイン入り色紙を配るそうです。  スゴイですね。
9月8日(水)
 暦の上では、とっくに秋なのに、今日も湿度が高く蒸し暑い日でした。  しかし、夕方になると幾分過ごし易くなってくるから、そうなのかなってかんじです。
 こういう季節の変わり目に気になるのが、風呂に入らないジジイ(オヤジ)たちです。
日中がちょっとでも涼しくて、あんまり汗をかかないと、面倒くさいのでしょうね、もうその日は風呂に入らない!  で、次ぎの日が今日のように蒸すとたまりません!!  本人は鼻もマヒしてんだから、何とも感じてないんでしょうが・・・・、 あ〜、もう嫌だ!
 特に電車や部屋などの密閉されたスペースに充満するのが、私はそういう趣味がないので、たまりません!!
 あの人種たちは、その昔、風呂に「入れない」という時代を超えてきたんだから、屁とも思わないんだろうけど、だからと言って「入らない」っていうのは、100%自分の意思ではないか!  そうゆー価値観・・・・、信じられん・・・・・。
  ・・・・ん〜、 じゃぁ、そういう人は真冬は、2・3日入らないんだろうな、平気で。  でも冬ならば、まだ匂わないから少しはガマンできる・・・(嫌や、それもヤダ!ヤダ!ヤダ!) 
 けど、今はまだ「夏>秋」。  何とかしてくれ〜!      後半 : キレかかったことをお詫びしたします。  反省。

9月7日(火)
 『演劇界』バックナンバー(去年から今年にかけて)が数冊入荷したので、何気なく見ていると、去年の8月号があったので、読者投稿の「見物席」に私のが載ったことを思い出し、読み返してみたが、いやぁ、我ながらひどいもんですねぇ。  人に読ます文章じゃないね、あれは。
 言い訳がましいが、あれは正確には締め切りが過ぎた日の夜中に、ささっと一時間かからずにワープロ打って、ほとんど勢いで推敲もしないで、朝、”FAXで失礼します”って投稿したもんなんです。  いやはや、恐縮千万であります。
 実は、同じく今年の8月号にも載ってまして、そちらの方も読み返したんですが(全く同じ状況で、朝、FAXしたものなんですが)、こちらの方が、幾分ましかなってかんじですね。  ちょっとは進歩したのかな?  
 それにしても、二つを一緒に読むと、接続詞の使い方が正しくないのと、二年連続して”驚異”って単語を使っているのが、ホントにいい加減ですね。

9月6日(月)
 昨日の夜9時からテレビ東京でやってたナイナイが司会の番組を、何気なしに観てしまった(それも初めて)。  「モーニング娘」に新メンバーが加わり、その披露と新曲発表を兼ねたライヴを、数日前から追っかける内容だった。  いやぁ、今時のアイドルって、物凄い努力をしてるんですね。  プロ意識がある。  80年代のアイドル全盛期の人達(私と同年代)には微塵も見られなかったものですよ、あれは。  ホントスゴイ!  バカにできないですね。  あの10代たち(20代もいるらしいが)に、見習わなければ......。 
 それにしても、あの新曲(タイトル忘れたが)、久々のヒットです。  シブガキ隊の『スシ食いねぇ』に匹敵する内容とカットビ度。
 いやぁ、みんながマジなの がイイっすねぇ。

9月5日(日)
 NHK−BSで黒澤明監督の話をしてました。  あれから一年になるんですね。
そもそも、私を映画狂(古い言葉)にしたのは『天国と地獄』でした。  あれは中2の頃だったかな? 夜テレビで放映してたのを親が観ていて、私も頭少し欠けたあたりから付き合ったのが契機でした。  それまで、映画っていえば、「東宝チャンピオン祭」で『ゴジラ対メカゴジラ』なんてのしか観たことがなかった私は、夢中になって最後まで観ました。  次の日もその興奮が冷めず、学校で映画の名場面や、登場人物などをノートに書いた覚えがあります(当時、私は漫画家になろうと思っていました)。
 それから三年後の高2の冬、今は無き「並木座」で黒澤特集がかかってたことを『ぴあ』で見つけると、居ても立ってもいられなくなり、学校の帰りに走りました。  それから大学で8ミリ映画をつくったり、年間150本以上観たりっていう人間になって今に至っております。
 不思議なもので、中2のテレビ以来、「並木座」まで、結局映画っていえば、友達に誘われ、いやいや観た『ヤマト』や『ガンダム』っていったアニメを数本しか観てなかったし、コンサートもそんなに行ってなかったので、『ぴあ』を毎回買ってたわけではなかったのです。  ですから、たまたま買った号で、たまたま映画のインデックスに目がいったわけなんで、そうでなかったら、もっと違った人生になってたのかもしれませんね。
  また、こういうこともありました。  その黒澤特集で同時上映だった『素晴らしき日曜日』のクライマックスに、ヒロインがカメラ目線で”皆さん! 拍手を!”っていうところで、観客から少しではあるけれど、笑いが起こったのです。  私は「黒澤作品に向かって笑うとは!」って腹立たしくなり、「よし、そうなら残りの特集を全部観てやれ! そうすれば、この『素晴らしき日曜日』がどの程度のものなのかが判る」って思いました。  自分でもストーリー漫画を書いていたからか、創作したものにケチつけられるってことにガマンができなかったのかもしれません。
 そういった「偶然」が重なったていうのが、映画狂に走らせた原因と思うと不思議ですね。   大袈裟な言い方をすれば、世間で言うところの「運命」的なものなのでしょうか。
 しかし、その後映画界に進んで、大成したんだったらいいけれど、別の道に進んでるんだから、「運命」でも何でも無いですよね。

9月3日(金)
 お店の前の歩道がレンガ敷になりました。  その昔銀座という街は昭和初期の流行歌『東京行進曲』で歌われている「♪ むかし恋しい 銀座の柳〜」というフレーズにもあるように、柳とレンガ(道も店も)で一杯だったそうです。  それも明治の話。  昭和初期の時点で「むかし恋しい」わけですから。   どうもその辺が勘違いされているみたいな感じします。  かつて”昭和初期に銀座の柳が有名でした”なんて解説しているテレビ番組を見た記憶があります。  それも、バックに『東京行進曲』を流して。  
ま、それもイメージですので、何も史実にのっとらなければならないことはないのです。
  戦後の闇市の映像にいつも『東京ブギウギ』が流れているようなもんですから。 
という訳で、今銀座は、その古き良き時代のイメージに向かって動いているみたいです。 
 ところで、浅草には「浅草おかみさん会」っていうのがあるけれど、銀座は何て言うのでしょう?  「銀座おやじさん同盟」かな?  ジジイ多いもんねぇ。

9月2日(木)
 ”ちっとも「内緒ばなし」じゃない”っていうご指摘がありましたので、名前を変えました。
特に意味はありません。
 それから、”左の写真は誰?”というご質問がありましたので、お答え致します。  アメリカの
コメディアンで「ロスコー・アーバックル」といいます。  1910〜20年代に活躍した人です(右
の写真参照。 実は男です。 チャップリンとのツーショットってことは、それなりの人だったわけです)
 で、左の女装した写真の手つきが「内緒話」ってかんじだったので、そう名付けただけのことです。  今日は、朝刊の広告に載っていた9月23日の日比谷野音での『四人囃子』ライヴに時間的な問題で行けないのに、ガックリきております.......。

9月1日(水)
 鶴見駅前にある「N書店」のご主人は、大正半ばの生まれなので、もう八十歳は越しています。   その人は、神田の古書店の丁稚から、戦後になって独立し、一代で神奈川県では一番の有名な古本屋さんになりました。   けれども、ちっともエラぶることなく、かわいいおじいちゃんで、市場でお会いすると「(ウチの) 社長帰った? じゃぁ、お茶のみに行こう」と、よく声を掛けていただきました。   たまには「今日はお菓子も食べよう」とケーキ屋さんに行ったこともありました。   そうそう、昔の人はケーキをお菓子って言ってたっけ。  と、まぁ、正におじいちゃんと孫で、私も、業界の昔の話が聞けて、とっても楽しかった訳です。
  ところが、今年になって、家族から神田にある市場にいっては行けないというお達しが出てしまいました。  どうしたのかなと心配になってこの間「横浜そごう」であった大古本市に行ってお会いしてきました。  ちょっとおじいちゃん度が増しちゃたけど、私の顔を見るなり、「よく来た、よく来た」って、里帰りした孫に会ったってかんじで、「後学の為に」って、”東洋一”の大社員食堂で昼食をすることになりました。  そうそう、「東洋」って言ってたな.....。  私はちょっと前に食べたんだけど、折角なので行くことにしました。 
 流石に”東洋一”だけあって、千人くらい入るひろいスペースで、しかも安すぎる。  私たちは窓側に座り、港を眺めていると、ご主人は唐突に「昔ね、そこの広場にね....」と指差しながら話始めました。   「まだ、そのビルも、何にも無くて、全部砂地だけでね、 大人たちが木の大きな船を一懸命に力を合わせて出そうとしているのを、僕は、そうだね、その辺でちょこんと座って見ていたのを覚えているよ。  まだ四つか五つの頃かなぁ、  震災で多くの人が逃げてきて、  ここは人で一杯だったよ」って言ったきり、その話は終わってしまいました。  そうなのです。  彼にとっての「震災」とは「関東大震災」なのです。  そういう強烈な出来事って覚えているものなのですね。 
  いやぁ、今日は「震災の日」。  只今、午前11時38分。  関東大震災は大正12年の今日の午前11時58分。  なぜ知ってるのかって?  小学校1・2年の頃、床屋さんで読んだマンガにそう書いてあったのを覚えていたんで。  それなりに強烈なインパクトがあったのかも・・・。  あれ? 57分だったっけ?  いい加減ですね。

8月31日(火)
 今日、「『白浪五人男』の踊りのところが欲しい」という四十代後半の会社員がみえました。
「え? 踊りですか???」と聞きかえすと、「そうそう、こうやって傘をさぁ・・・」っと勢揃いのところの型をして、「そこんところの台詞がわかる何かと、写真を」というわけでした。
 「あぁ、なんだ」ってんで、演劇出版社の『芝居名せりふ集』と平成6年9月号の『青砥稿』の特集号とを差し出せば、曰く、「宴会で今度やるんですョ」だそうで。
 いやぁ、この御時世でも、まだ社長シリーズみたいな宴会ってあるんですね。そういう会社はいいですよ、ホントに。
 つぶれないでほしいです。

8月30日(月)
 今月の収穫は明治座の『梅沢富美男』でした(豪華六本立て狂言:喜劇、悲劇、歌謡ショー、口上、舞踊ショー(二本)。梅沢富美男は、口上以外、主役で出ずっぱり、三役早替りありの、宙づり(歌舞伎に遠慮してとのこと)ありの、ってかんじでした。
 特に「舞踊ショー」は、出演者全員の衣装が総ラメでできており、とにかく派手!派手!! 派手!!! なんです。 はじめ幕に大きな十字架のライトが照らされ、讃美歌が鳴ると、鉄火面をイメージした女性が数人踊っていて、奥から『勧進帳』の義経(これは普通の衣装)と四天王、ちょっと遅れて弁慶(あの衣装でラメ!ラメ!! ラメ!!!)が出てきて、その場は、安宅関となるんです。  四天王と鉄火面たちが足を高く上げて踊っている前では、弁慶と義経が普通70分くらいある『勧進帳』に入っている主要な型を手際良く、3〜4分でやり、最後は飛六法でちゃんと引っ込まします。
 続いて、サザンの『エロチカ・セブン』にのって、『関の扉』の「関兵衛」に花魁がからんで踊り(いよっ!待ってました!富美男さん!!)、1コーラス目が終わると、一旦、花道から引っ込みます。  間奏は背中全体に刺青のあるおねえチャンたちが踊るので、「?」っと思っていたら、今度は、舞台正面奥から、『夏祭』の團七(ははぁ、なるほどね!)と、『将門』の「瀧夜叉姫」に早替りで出て、後半を踊ります。
 それが終わると、音楽が消え、舞台がシ〜ンとなり、『元禄繚乱』よろしく、『四段目』となって、普通の衣装で切腹をする「判官」に、総ラメの「遅かりし由良之助」。  その後の『五段目』では、「定九郎」に、吉原で稼いだ五十両を持ったオカマ(一応お軽という名前)と「勘平」とで、一通りやりとりがあって、「定九郎」が生でチャゲ&飛鳥の『モーニング・ムーン』を歌って踊る。 そのうち三人ともフンドシだけになっていき(ちょっとしたストリップ)、客席のおばチャンたちは大盛り上がり!  ちなみにこの辺は若手でやってます。
 こんな風に、猿之助丈の『独道中五十三次』の早替りよろしく、コンパクトで手際良くコトが運び、最後は、『狸御殿』となって、『オグリ』のような群舞があったりして、梅沢富美男が天女となり、宙づりして三階まで、引っ込んだ後、正面から巨大なガマに乗って女帝となって出直して、大見得を切って幕。  お兄さんの梅沢武生は隣でホワイトタイガーに乗ってました。  ガマ、トラ共に口から煙を出したり、脇でクラッカーを鳴らしたりで、とってもうるさかったです。
 まぁ、下品といえば下品かもしれませんが、この「サービス精神」、今ウケるものならば、何から何まで取り入れるという「貪欲さ」っていうものを、歌舞伎界は戦後、無くしてしまったって言えるんではないでしょうか(エラくなっちゃったんでしょうかねぇ)。
 やっぱり、私の中には「大衆演劇」のもつ「色モン」的な部分が基本だということを再認識いたしました。めでたしめでたし。
   追伸 : しかし、ほぼ満員の観客の中で、こんな風に感心したのは、多分私だけでしょうね、ははは......。
8月29日(日)
 朝、日テレの『波瀾万丈』に天童よしみさんがゲスト出演してました。『いなかっぺ大将』の主題歌「大ちゃん数え歌」が彼女だったとは......。子供心に「うまいなぁ、誰だろう」と長年思っていた謎が解け、爽やかな一日の始まりでした。
 さて、今日は歌舞伎もないので、ゆっくり「HP」の続きでもと思いきや、木曜日にお客様から買った荷物が届いていて、それを直すのに一日ががりでした。ふぅ〜。








和紙